腰痛

慢性腰痛

  • 病院でレントゲンを撮り、異常なしと言われた
  • 骨と骨のすき間が少し狭いが特別問題ないと言われた
  • 昔から腰痛がある
  • リラクゼーションマッサージを受けるとその時は楽になる
  • 運動不足で体が硬い

上記のような項目に当てはまる方は慢性腰痛です。

多くの場合、リハビリしても治りませんので、リラクゼーションサロンや治療院、整体院巡りをしてから当院へ来院される方が多いです。

このような方は筋肉も当然固くなっていますが、それ以前に骨盤や腰椎の関節の動きが非常に悪くなっています。

関節の動きが悪くなり、次に筋肉が固くなるのです。

関節の動き方を調整するAKA療法が非常に高い効果を発揮します。

ぎっくり腰

以下のような腰痛は急性腰痛、いわゆる「ぎっくり腰」の可能性が高いです。

  • 物を拾おうとして腰に激痛が走った
  • 立ち上がろうとした際腰に激痛が走った
  • 朝軽い違和感だったのに夜になったら急に痛みが増してきた
  • 体の向きを変えた際、腰に激痛が走った

ぎっくり腰は上記のような事が原因で起こります。雑誌や小物を拾う、くしゃみをする等、簡単な動きでも生じます。英語で「魔女の一撃」と言われるほど激しい激痛でしばらく動けなくなる方も多いです。寝返りなども困難でトイレに行くのもためらう方が多いです。

ぎっくり腰は正式名称ではなく、正式には「椎間関節ねん挫」で、じん帯などの軟部組織の損傷が原因だとされています。

なぜぎっくり腰になるのか?

ぎっくり腰になる方は、以前から腰の状態が悪く負担がかかっていて発症する方が多いです。また、若いスポーツ選手でもオーバーワークにより過負荷の状態が続くことによりぎっくり腰を発症し来院されるケースも多く見られます。

時々「前回のぎっくり腰ほど痛くないからこれはぎっくり腰ではない。」とおっしゃる患者様もいらっしゃいますが、ねん挫やダメージ具合により痛みレベルは変わります。

「小ぎっくり」と「大ぎっくり」のようなイメージにするとわかりやすいでしょう。

ぎっくり腰に対するストレッチ

ぎっくり腰になった瞬間は、痛みでとてもストレッチになる気になりません。

痛みで固まってしまっているので、伸ばした方が良いと理論的には考えられますが、無理に伸ばさず少しづつ可動域を広げていくくらいの気持ちで良いと思います。痛みが悪化する場合は中止するべきです。

施術をして、痛みが落ち着き、動かすのに恐怖心が無くなってきてから、ストレッチをしてきます。

その場合も、どの筋肉をどのように伸ばすのか、強さや時間等は患者様のケースにより様々です。

ストレッチの種類もたくさんあります。

整形外科によってアドバイスが違うのはナゼ?

ぎっくり腰は、繰り返すこともあり、受診する病院を変える場合もよくあります。

整形外科を変えた際、ぎっくり腰に対するアドバイスが180度変わり患者様が戸惑うことがあるようです。

下記はぎっくり腰になり、整形外科に受診した患者様によく聞かれる質問です。

A整形外科レントゲンを撮った後、コルセットを渡され、安静にしておくように言われた

B整形外科レントゲン撮影後、コルセットをせずに、痛み止めとシップを貰ったが、安静にせず平常通り動くように言われた

このどちらが正しいのでしょうか?

現在では、ぎっくり腰になった後は、安静にせずに、通常通り日常生活を送った方が、痛みが無くなるまでの期間が短いのが主流になっています。

しかし、痛みが強く、動くのに強いストレスを感じる方もいらっしゃいます。

当院では、そういった方には、無理に動かずに安静にして、炎症が静まるのを待ってから動き出すことをおススメしています。※整形外科を受診している患者様は、その指導に必ず従うようにお伝えしています。

当院での腰痛に対する施術法

関節に対するアプローチ

腰痛に対する施術法として、AKA療法は非常に効果的です。

腰痛の方は、腰を曲げたり、伸ばしたりが上手にできなくなっています。

これは椎間関節と言い、背骨の動きが悪くなっているためです。

炎症により、椎間関節の関節包を、挟み込んでしまっている場合もあります。

AKA療法により、腰の骨の正しい動きを出すことは、腰痛からの回復にとても大切です。

筋肉に対するアプローチ

腰痛になっている方は以前から腰が重かったとか、張っていたなど、元々腰の筋肉が固かった場合が多くあります。

痛めた個所は炎症が起きており、腰の筋肉のみを、力いっぱいマッサージするのは、リスクが非常に多く危険です。

当院では、トリガーポイント理論に基づき、腸腰筋と呼ばれる「もも上げをする筋肉」や、「お尻の筋肉」など体を伸ばせなくなっている原因となっている筋肉にアプローチし、最後に痛めている腰の筋肉にアプローチします。

ハイボルテージ&マイクロカレント療法

必要であればハイボルテージ(高周波電気治療)とマイクロカレント(微弱電流)も使用します。

マッサージで届かない筋肉の深部に刺激を与えた後、マイクロカレントで炎症を静めていきます。

通常の医療機関にはない電気療法で大変人気があります。(追加1,100円ご希望された場合のみ)

~ラインは24時間受付可能~お気軽にお問合せ下さい~
①お名前②携帯番号③ご予約ご希望日時④お体の状態・ご相談
以上をメッセージにご記入の上送信してください。

お電話でご予約・お問合せは下記ボタンからどうぞ

鈴木

国家資格【柔道整復師】1985年生/男児二人の父。 大学在学中にリハビリの世界に興味を持ち徒手療法の世界に飛び込みました。AKA療法を駆使して体の痛みの根本にアプローチ。プロスポーツ選手のケア実績多数。慢性的な肩こりや腰痛で苦しむ方は非常に多いのに、病院では相手にされない方が多いのが現状です。医学的根拠に基づいたアプローチにこだわり、痛みや不調の治療に日々全力を注いでいます。ライン受付は24時間対応可能です。お気軽にお問合せください。