このような症状に困っていませんか?

下記のチェック項目に一つでも当てはまる方は当院での治療対象となる症状です。

交通事故治療こちらから

腰痛・腰の重だるさやしびれ
ガンコで辛い肩こり
野球・サッカー等によるスポーツ障害
育児や仕事による慢性的な疲れ
  • icon 肩こりがツラく首をぐるぐる回したくなる
  • icon 腰痛が慢性化して治らない
  • icon部活などスポーツでの痛みが治らない
  • icon マッサージを受けたが治らなかった
  • icon 姿勢が悪く気づくと猫背になっている
  • icon ヘルニアだが手術するほどではないと言われた
  • icon原因不明の頭痛持ちで頭痛薬が手放せない
  • icon 肩こりだけでなく、めまい・吐き気・耳鳴りが出てくる
  • icon 手・足がしびれる
  • icon 産後の不調・育児疲れ

その悩み天白接骨院にお任せください

天白接骨院ではAKA療法という、骨盤やせぼねを調整する手技療法を使用し、体の痛み・筋肉のコリ・慢性疲労を根本から改善していきます。

肩こりや腰痛を感じない、すっきり爽快な生活を送りたい

「痛み無く動き、スポーツでもっと高いパフォーマンスを出したい」

「もっと元気になって子供と思い切り向き合ってあげたい」

そんなあなたの日常を取り戻すお手伝いを当院ではしています。

AKA療法の有用性について

痛みの原因は「筋肉のこり」ではなく「関節の機能異常」

お体の痛みや、コリ、不調のほとんどは関節に原因があります。筋肉は二次的に固くなっているに過ぎません。

したがって、筋肉をマッサージして、ほぐしたりしても根本的な解決にはなりません。

こんな経験はありませんか?
次の日になると、、、

筋肉だけにアプローチしていると、このようになってしまいます。

なぜ筋肉が硬くなるのかが大切

ではなぜ筋肉が硬くなるのでしょうか。

×筋肉が硬くなるから関節が硬くなる

関節が硬くなるから筋肉が硬くなる

根本の原因は筋肉ではなく、関節の機能低下にあります。(関節原性と言います)

関節の機能や位置が正常なら、筋肉に負担はかかりません。

関節の位置や動き方に問題があると、無意識に筋肉が支えようと頑張ります。

さもなければ脱臼してしまいます。

骨折してギブス治療をしたことがある方はわかると思いますが、ギブスを外した後、関節は固まってしまっていて動かそうとしても動きません。ギブスを外した後、関節を動かすリハビリを行います。

私も整形外科に勤務していたころ、骨折によるギブス固定後のリハビリを多く担当しました。関節を固定していると子供でも肘や手首を動かせなくなってしまい、リハビリに日数を要します。どんなに若くても筋肉や関節は、使っていないと固まってしまうのです。

長時間の不良姿勢や運動不足は、この固定による関節機能の低下、筋肉の伸張性の低下と同じ現象なのです。

筋肉の柔らかさは関節の可動域の増加、滑らかさに比例して出てくるのです。

したがって関節機能を回復させる事こそが、筋肉を柔らかくし、血流を増加させる最短ルートになります。

そして関節機能を回復させるのに最も有効なテクニックがAKA療法です。

腰痛やひざの痛み、首の寝違えなど、様々なケースで関節の機能異常が根本に存在します。※関節とは肘やひざなどの分かりやすいものではなく、せぼね、ろっ骨等あらゆる場所の関節を意味しています。

固まっている関節の機能を回復させてから筋肉へアプローチするのがとても大切なことであり、関節運動学に基づいた施術法であるAKA療法が非常に有効です。AKA療法とは

痛みを放置しておくと危険な疾患の元になる事もあります

とりあえず飲み薬やマッサージで我慢するのは「その場しのぎ」に過ぎません!!

  • icon 筋肉の硬さが首の椎間板の動きを悪くし頚部ヘルニアになる
  • icon ぎっくり腰を繰り返すようになる
  • icon 肩関節が正常に動かなくなり四十肩・五十肩になる
  • icon 首の血流量が低下するため脳内血流量も低下する
  • icon 腰痛の辛さがストレスを増加させ自律神経を悪くする
  • icon 筋断裂などを起こしスポーツが出来なくなる
  • icon 慢性的なストレスが抜けずに育児ノイローゼになる

全身を診る大切さ

私は長年痛み治療と向き合ってきてつくづく思うのは「硬い所・痛い所のみ揉んでいても絶対に治らない」という事です。

例えば、肩こりの方で辛さを感じるのは肩や背中、首が最も多いのではないでしょうか。それらの筋肉が阻血されて痛くなったり、だるくて辛くなったりするのですが、問題は「なぜそこが硬くなってしまったのか」という事です。

猫背の方は当然猫背を治さなければずっと背中は引き伸ばされたままですし、なで肩の人は肩を下げてしまっている筋肉を緩めなければなりません。

肩こりや腰痛はその方の骨格、姿勢、生活習慣、筋肉のバランスの全ての結果なのです。当然人によりアプローチする場所は変わってきます。

一概には言えませんが、多くの方は骨盤や腰椎の機能の低下を併発していることが多く、AKA療法による骨盤アプローチから施術を行います。

骨盤やせぼねの関節機能の回復は、痛み治療の土台となる大切な部分です。

マッサージするだけでは改善しない方、どこへ行けば良いかわからない方は、ぜひ当院の施術をお試しください。