ブログ

骨盤矯正する前に聞いてほしい話

近年流行りの骨盤矯正を行う前に聞いてほしい。特に産後のお母さんやお父さん。矯正ということは歯列矯正や、視力矯正というように異常な状態を正すということである。ということは骨盤矯正を行うという事は骨盤が異常な状態だということ。骨盤がゆがむ、骨盤ズレるとは何なのか。

まず骨盤の関節は仙腸関節と前側の恥骨結合だ。

出産時に恥骨結合も仙腸関節も緩み、赤ちゃんを産める通り道を作る。産後一ヶ月くらいでオキシトシンの働きにより、靭帯が本来の硬さを取り戻し、骨盤も元に戻る。

強固なじん帯におおわれている

産後数カ月たった女性で腰痛がある人対する調査で、仙腸関節と恥骨結合の間の距離を計測した調査がある。その結果仙腸関節の間がひらいているのが分かっている。

ちなみに骨盤が開くのは後ろです。

腰痛を一緒に尿漏れも併発することが多い。

通常時に戻った骨盤は2ミリ程度であり、3mmをこえることはない。

したがって足の長さが2cm差がある。それは骨盤のゆがみではない。骨盤の高さが指一本分差がある。

これは骨盤の歪みではない

それは骨盤のズレではない。筋肉がアンバランスで骨盤が傾いてるだけの可能性もある。例えば腰の筋肉が片方のみ硬ければ腰硬いほうに体は傾く、肩の位置は下がる。

もしくは元々足の長さが違う人だって一定数いるし、骨盤の大きさが左右違う人だって一定数いる。

人間はロボットじゃない。教科書通りの骨を持っているとは限らない。

骨盤がズレているので骨盤矯正が必要だと言って骨盤ガシャンガシャン、あとは回数券買ってこの特別な電気で楽にインナーマッスル鍛えれますからとみなさん言われるが期待した効果は得られない。

仙腸関節の痛みは女性では、仙腸関節面の変形、男性では仙腸関節の炎症が多い。

そもそも骨盤に限らず関節の変形とは関節の不適合による不安定化により微細な圧力がかかり続ける事からスタートする。したがって女性の腰痛に多いとされる仙腸関節の変形は出産時の仙腸関節不安定が始まりな可能性を考慮する必要がある。

ちなみに巷の骨盤矯正に通っても治ってないお母さんは関節の適合を獲得できておらず、そのため安定していない可能性が高い。

女性の変形は産後まだ、骨盤が緩い状態で活動する事や、仙腸関節の適合が上手くいかない状態での生活、産後の不安定からの脱却ができてないはずだ。

1カ月は安静にして、寝て過ごすのが良いと思う。

男性の仙腸関節に生じる影響は、太ももの後ろが硬いなど、骨盤につながる筋肉が硬いうえに重たい荷物を運ぶなどで壊すイメージが多い。

話は戻るが、産後の骨盤矯正のゴールは安定だ。安定させなくてはいけないのに、ただ筋肉をほぐすマッサージを行ったり、2ミリしか動かない関節に力を込めた矯正を行うのはよくない。

それと産前産後の妊婦で、不安や心配事が多い人ほどオキシトシンの分泌量が多いことがわかっている。先述のようにオキシトシンは靭帯を元に戻すことから腰痛や産後のリカバリーにとても大切だ。

産後2週間まではオキシトシンの量はピークだが、その後不安や心配が母親をおそう。産後6カ月たってもオキシトシン量は低く、特に初産は80%以上が心配や不安を抱えている。

したがって周りのサポート、精神的なサポートや身体的なサポートが腰痛からのリカバリーに大切だと私は考えていえる。

初産と違い、経産婦も当然だ液オキシトシン量は減る。心配事の内容は赤ちゃんそのものよりも上の子の心配が増えるようだ。父親は上の子の面倒を見てあげると良いだろう。

仙腸関節を安定させるのにフォームクロージャ―とフォースクロージャ―という二つの安定化機構があり、一つは構造的に安定化させる方法、もう一つは力で安定化させる方法だ。

フォームクロージャ―で引っ掛かりを外し、2ミリの可動性を出し、フォースクロージャ―で骨盤にテンションをかけていくのが良し。そして大殿筋、脊柱起立筋の関連度が多いのが分かっている。

まずはヒップリフトからすすめている。

参考にして下さい。

≪参考文献≫

  • 松本和久他「骨盤矯正とは何か?」日本東洋醫學硏究會誌 第八巻 (2022)
  • 産後女性における骨盤痛と骨盤アライメントの関連性」理学療法学Supplement 2014 (0), 0560-, 2015公益社団法人 日本理学療法士協会
  • 鷲尾弘枝「10 名の妊産婦の不安と唾液オキシトシン量の変化における縦断的調査」女性心身医学 J Jp Soc Psychosom Obstet Gynecol Vol. 26, No. 2, pp. 180-188,(2021 年 11 月)
  • 赤川 精彦他「仙腸関節における積極的安定化運動の効果─従来の安定化運動と比較して」
  • Van Wingerden JP et al. Stabilization of the sacroiliac joint in vivo: verification of muscular contribution to force closure of the pelvis. Eur Spine J. 2004 May;13(3):199-205.
  • Barker PJ et al. Anatomy and biomechanics of gluteus maximus and the thoracolumbar fascia at the sacroiliac joint. Clin Anat. 2014 Mar;27(2):234-40.
  • Andry Vleeming et al.Form and Force Closure of the Sacroiliac Joints.PM R. 2019 Aug:11 Suppl 1:S24-S31.

電話でご予約・お問合せは下記ボタンからどうぞ

〒468-0025 愛知県名古屋市天白区高坂町313-3 天白接骨院

鈴木

国家資格【柔道整復師】1985年生/男児二人の父。AKA療法を駆使して体の痛みの根本にアプローチ。プロスポーツ選手のケア実績多数。慢性的な肩こりや腰痛で苦しむ方は非常に多いのに、病院では相手にされない方が多いのが現状です。痛みや不調の治療に日々全力を注いでいます。お気軽にお問合せください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鈴木

国家資格【柔道整復師】1985年生/男児二人の父。AKA療法を駆使して体の痛みの根本にアプローチ。プロスポーツ選手のケア実績多数。慢性的な肩こりや腰痛で苦しむ方は非常に多いのに、病院では相手にされない方が多いのが現状です。痛みや不調の治療に日々全力を注いでいます。お気軽にお問合せください。

-ブログ
-, , ,