ブログ

足底筋膜炎と足のアーチ

足底筋膜炎は、足の裏にある「足底筋膜」と呼ばれる帯状の組織が炎症を起こす病気です。足底筋膜は、足のアーチを支える重要な役割を持っています。

そのため、足底筋膜炎と足のアーチには密接な関係があります。足底筋膜炎の原因の一つとして、足のアーチの低下が挙げられます。足のアーチを支える筋肉が弱くなったり、伸びきったりすることで、足底筋膜に負担がかかり、炎症を引き起こすことがあるのです。

足のアーチとは、足の裏側にある凹凸のある部分のことで、内側から見るとくの字形になっています。アーチは、体重を支えたり、衝撃を吸収するなど、足に負担がかかった時に役立っています。

足のアーチには、内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つの種類があります。

内側縦アーチは、足首から内側のくの字形の部分にかけてのアーチであり、足の内側を支えます。

外側縦アーチは、足首から外側のくの字形の部分にかけてのアーチであり、足の外側を支えます。横アーチは、足裏全体を縦に分割するアーチであり、足全体を支えます。

これらのアーチは、足の筋肉や靭帯、骨格が正しく協調して機能することで維持されます。適切なサポートがない場合、足のアーチは低下することがあります。

足底筋膜は、足のアーチを支える重要な筋肉の一つであり、足のアーチが低下すると、足底筋膜に負担がかかりやすくなります。また、足底筋膜に緊張があると、足のアーチも緊張が増し、痛みを引き起こすことがあります。

そのため、足底筋膜炎の予防や改善には、足のアーチを正しくサポートすることが大切です。適切な靴を選ぶ、運動前にストレッチを行うなど、足のアーチを支えるための対策を取ることが重要です。

電話でご予約・お問合せは下記ボタンからどうぞ

〒468-0025 愛知県名古屋市天白区高坂町313-3 天白接骨院

鈴木

国家資格【柔道整復師】1985年生/男児二人の父。AKA療法を駆使して体の痛みの根本にアプローチ。プロスポーツ選手のケア実績多数。慢性的な肩こりや腰痛で苦しむ方は非常に多いのに、病院では相手にされない方が多いのが現状です。痛みや不調の治療に日々全力を注いでいます。お気軽にお問合せください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鈴木

国家資格【柔道整復師】1985年生/男児二人の父。AKA療法を駆使して体の痛みの根本にアプローチ。プロスポーツ選手のケア実績多数。慢性的な肩こりや腰痛で苦しむ方は非常に多いのに、病院では相手にされない方が多いのが現状です。痛みや不調の治療に日々全力を注いでいます。お気軽にお問合せください。

-ブログ
-