ブログ

舌骨下筋群と肩こり

舌骨下筋群、首の前について解説します。

肩こりの方は皆さま首の前がカチカチに固まっていることが非常に多いという話は以前の舌骨上筋群についての解説でお伝えしました。

今回は舌骨の下、舌骨下筋群、その中でも肩甲舌骨筋についてお話しします。イラストは全てhttps://visual-anatomy-data.net/から引用させて頂いてます。

上記イラストの8番が肩甲舌骨筋

【 起 始 】: 下 腹 ) 上肩甲横靭帯、 肩甲骨 ( 上縁および烏口突起 )※ 起始部より斜め上内側方に走って 中間腱 に移行し上腹となって弓状に上方に走る。

【 停 止 】: 上 腹 ) 舌骨体 ( 下縁 )

起始停止とは筋肉の付着部です。肩甲骨から喉ぼとけの上まで通っている筋肉です。

停止が動くほうなので肩甲舌骨筋は舌骨を動かす筋肉です。

 作用は「 舌骨を後下方に引き、同時に頚筋膜を張る。 」 

 ・ 神 経 : 頚神経ワナ の 上根  ( C1~C3 ) 

C1からC3とは頚椎の神経の番号です。 首、特に「上部頚椎の神経が大きく影響」を与えるという事です。

肩甲骨から伸びているイラスト
同じく肩甲骨から伸びているイラスト

鈴木

以上の事から、肩こりで肩甲骨周りが固くなっているという方は、肩甲舌骨筋も硬くなっている方も多くいます。神経が過緊張で肩甲舌骨筋が固くなっている方には上部頚椎へのアプローチが有効ですし、首の前、前頚部の筋群にダイレクトにアプローチすることもあります。

ちなみにセルフストレッチで伸ばすなら下あごを前に突き出し、上を向くのがおススメです♪(首の前の筋肉を全体的に伸ばす効果が有ります。)

~ラインは24時間受付可能~お気軽にお問合せ下さい~
①お名前②携帯番号③ご予約ご希望日時④お体の状態・ご相談
以上をメッセージにご記入の上送信してください。

電話でご予約・お問合せは下記ボタンからどうぞ

〒468-0025 愛知県名古屋市天白区高坂町313-3 天白接骨院

鈴木

国家資格【柔道整復師】1985年生/男児二人の父。 大学在学中にリハビリの世界に興味を持ち徒手療法の世界に飛び込みました。AKA療法を駆使して体の痛みの根本にアプローチ。プロスポーツ選手のケア実績多数。慢性的な肩こりや腰痛で苦しむ方は非常に多いのに、病院では相手にされない方が多いのが現状です。医学的根拠に基づいたアプローチにこだわり、痛みや不調の治療に日々全力を注いでいます。ライン受付は24時間対応可能です。お気軽にお問合せください。

-ブログ
-,