ブログ

「痩せホルモン」「長寿ホルモン」アディポネクチンとは何?分かりやすい説明

アディポとは、脂肪という意味です。

ネクチンとは、くっつくという意味です。

この2つの言葉を組み合わせて『アディポネクチン』と呼ばれています。

鈴木

アディポカインの内の一つがアディポネクチン

鈴木

ちなみに昔の言い方はアディポサイトカイン、今の言い方はアディポカイン!

現在「サイトカイン」の名称は細胞間の情報伝達物質で免疫調節物質として用いられる場合が多い。

免疫調節と関係のない物質もあるため、近年はアディポカインと呼ばれる場合が多い1

ホルモンとの明確な区別はないが、一般的にホルモンのように特定の分泌臓器から産生されるわけではなく、比較的局所で作用することが多い。

アディポカインの種類

  • アディポネクチン
  • レプチン
  • レジスチン
  • TNF-α (腫瘍壊死因子)
  • アンジオテンシノーゲン
  • PAI-1 (プラスミノゲンアクチベーターインヒビター1)
  • HB-EGF (ヘパリン結合性EGF様増殖因子〉)
  • ビスファチン

アディポネクチンの働き

  1. 動脈硬化予防:プラークを防ぎ血管壁の傷を修復して動脈硬化を改善する。
  2. 高血糖予防:インスリンの働きを良くして血糖値を下げ糖尿病を改善する。
  3. 中性脂肪を下げる:脂質の代謝を促して、中性脂肪を下げ善玉コレステロールを増やす。
  4. 高血圧予防:血管を拡張して高血圧を改善する。
  5. 代謝UP:筋肉での脂質代謝を促し肥満やメタボを改善する。
  6. 脂肪肝予防:肝臓での脂質代謝を促進し脂肪肝を改善する。
  7. ガン予防:細胞の正常化により大腸がんや乳がんなどを予防する。

※血管プラークとは

おかゆのようにジュクジュクした脂肪のかたまり。 動脈硬化の原因となる。

血栓になり脳梗塞・心筋梗塞などの重大な病気を引き起こします。

血管プラークがあるかどうかの自覚症状はありません。

私たちが生き抜いていくための体を守るシステムの一つとも言えるアディポネクチンです。

長寿ホルモンとテレビ等では言われますが、病気予防の効果が高いからです。

つまり健康であるためには、アディポネクチンの分泌がとても大切!

このホルモンは、インスリンの働きを助け血糖値を下げたり、血管を広げる作用により血圧を下げる効果もあります。

また脂肪の代謝を活性化し、中性脂肪を減らしたり、傷んだ血管を直接修復して動脈硬化を防いでくれます。

アディポネクチンの分泌量を増やすこと!それが生活習慣病の予防や改善、さらには長寿になる条件!!

メタボリックシンドロームの回で詳しくお話しましたが、太ると白色脂肪細胞がふくらみ、機能不全に陥ります。

そうするとアディポネクチンの分泌低下レプチンの抵抗性が現れ、悪玉TNF-αなどの分泌が増加して生活習慣病の発症につながります。

TNF-aとは

TNF-αが大量に増産されると、誤って自分のからだを攻撃することになり、潰瘍性大腸炎、関節リウマチなどの病気になる。

本来は腫瘍細胞を壊死させたり、感染を防御する、からだを守っているサイトカイン。

通常は外敵がからだに侵入すると免疫システムにスイッチが入りますが、時として、外敵がいないのに間違ってスイッチが入り、際限なくTNF-αを産生してしまうことがある。

アディポカインはその生理活性から善玉と悪玉に大きく分けられる。

アディポカインの中でも2種類に分類され、アディポネクチンやレプチンなど、身体に良い機能を持つもの(善玉)と、炎症性サイトカインとよばれる身体に悪い影響を及ぼすもの(悪玉)に分かれます。

近年、生活習慣の変化によりメタボリックシンドロームの患者数が増加の一途をたどっているが、これらの物質はメタボリックシンドロームの発症において中心的な役割を果たしていると考えられており、注目を集めている。

アディポネクチンと食欲の関係

アディポネクチンは食欲を抑制させる効果があります。2

空腹時や低血糖時にアディポネクチンを脳室内へ投与すると食べる量が減少したことから、肥満や摂食障害(過食症、拒食症)の研究発展に大きく期待されています。

アディポネクチンの検査はどうやってするの?

アディポネクチンの分泌量は自分ではわかりません。

「アディポネクチン検査」で計測することができます。

保険のきかない自費での血液検査で4,000円前後でできます。

自分の長寿ホルモンの量が気になる方はアディポネクチン検査を受けてみてはいかがでしょうか?

ちなみにプライマリケア(https://primary-care.sysmex.co.jp/speed-search/index.cgi?c=speed_search-2&pk=930「2021年12月15日検索」)ホームページによるとよるとアディポネクチンの平均値は以下のようになっています。

男性の平均値・・・6μg/ml
女性の平均値・・・9μg/ml

女性のアディポネクチンの量は男性の約1.5倍あります。

アディポネクチンを増やす方法

通常のホルモンは、歳を重ねるごとに分泌量が減るものですが、アディポネクチンにおいては違います。

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるので、太ると分泌量が減ることが解っています。

健康な方の脂肪細胞は、小型でアディポネクチンをたくさん分泌していますが、食べ過ぎると脂肪細胞が膨れて、アディポネクチンの分泌量が減ります。

それだけでなく悪玉物質を分泌するようになるため、まずは肥満にならないよう適正体重を保つことが必要です。

1八巻 幸二「日本食品科学工学会誌」2010 年 57 巻 7 号 p. 319

2門脇 孝「アディポネクチンは視床下部のAMPキナーゼを活性化し食欲を促進する」Cell Metabolism 2007年7月10日号

門脇孝(かどわき・たかし)@東京大学大学院医学系研究科 糖尿病・代謝内科 助教授】NetScience Interview Mail Vol.253 2003/10/30発行 

~ラインは24時間受付可能~お気軽にお問合せ下さい~
①お名前②携帯番号③ご予約ご希望日時④お体の状態・ご相談
以上をメッセージにご記入の上送信してください。

電話でご予約・お問合せは下記ボタンからどうぞ

〒468-0025 愛知県名古屋市天白区高坂町313-3 天白接骨院

鈴木

国家資格【柔道整復師】1985年生/男児二人の父。 大学在学中にリハビリの世界に興味を持ち徒手療法の世界に飛び込みました。AKA療法を駆使して体の痛みの根本にアプローチ。プロスポーツ選手のケア実績多数。慢性的な肩こりや腰痛で苦しむ方は非常に多いのに、病院では相手にされない方が多いのが現状です。医学的根拠に基づいたアプローチにこだわり、痛みや不調の治療に日々全力を注いでいます。ライン受付は24時間対応可能です。お気軽にお問合せください。

-ブログ
-, ,